小堀遠州流 茶道

小堀遠州流のお道具

  • 文字サイズ(大)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ調整 
 

お棚

line
品川棚

品川棚

遠州公が造営された品川林中の茶亭へ三代将軍家光公お成りになった時に考案し好んだといわれています。
 
袋棚

袋棚

左の戸はけんどんになっており、右側の引き戸には遠州の歌が書かれています。本歌は野村美術館の所蔵です。
 

 
冠棚

冠棚

貴人が冠を載せた棚を水指棚に転用したといわれています。後ろに七宝の透かしの入った美しい朱色の棚です。
 
色紙棚

色紙棚

六種類の木目の美しい板(桑、楢、欅、桜、栃、塩地)を墨流しの小色紙の様に寄木にした棚で、キワダの2柱に雲形のひれがついています。