小堀遠州流 茶道

小堀遠州流の茶道

  • 文字サイズ(大)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ調整 
 
小堀遠州流の紹介 小堀遠州流系譜 小堀遠州流のお道具
 
 

小堀遠州流の紹介

小堀遠州小堀遠州公(政一:1579―1647)は江戸初期の頃、徳川幕府の重臣として文化に政治に行政にと活躍しました。

作事奉行として幕府や宮廷にかかわる建築、茶室や庭園の作事に関わり、その芸術的な美しさは今日まで高い評価をうけております。

遠州公は茶の湯を古田織部に師事し、徳川三代将軍の茶道指南として武家茶を確立、感性豊かに王朝文化への造詣も深く、藤原定家に起する定家様書体や、八分とも呼ばれる隷書体は遠州独特の世界をつくっています。

当小堀遠州流はこの遠州公と同腹の弟小堀正行(1583〜1615)の裔であります。小堀正行は短命だったため、兄政一のようには知られていませんが、3000石の武将として徳川家康に仕え活躍しましたが、若くして兄政一の京都官邸にて病没しました。

正行は兄政一より茶道の教えを受けその奥義に達し、政一より正行へと伝えられた茶道は茶道文化を深めながら芸術性に富んだ遠州の美意識を受け継ぎ、代々相伝して今日に至っております。小堀遠州流は遠州公を流祖として当代家元小堀宗圓まで16代に渡っております。


 
 

小堀遠州流 系譜

小堀遠州流 系譜 画像